真心のかご

白樺の心、わたしの心、真心籠めて白樺かごを。

本をひらく楽しみ  

hon.jpg

“ほんのしるし”
その名の通り、自分が読んだ頁までのしるしに。
今は、小さなタブレットでどこへでもたくさんの本を持ち歩くことができるかもしれないけれど…
やっぱり、紙を指で捲る感覚、活字を目で追うこと、挿絵や装丁も含めて、本を読む楽しみだと思っています。
その楽しみの中に、開くとほんのしるしが挟んである、わくわくする気持ちも加えていただけたら。



スポンサーサイト



category: 白樺の小物

tb: --   cm: --

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ