真心のかご

白樺の心、わたしの心、真心籠めて白樺かごを。

またまた  

ro17.jpg

連休後半、雨予報だったのに午後からどんどん晴れてきて、予定を変更してドライブに。
途中、森歩きをしたのですが、そこでまた鳥の羽根を拾いました。
調べると、シメという野鳥でした。
先端が少しだけ青く色づいていて、傾けたりするとキラリと光ってとても美しい羽根です。


category: 森・北海道

tb: --   cm: --

GW  

ro5.jpg

ro15.jpg

連休中は、車で30~2時間の範囲内でのドライブで山を楽しんだり(そういえば今回は海に行ってないな)、久し振りのボウリングや動物園なども楽しみました。
札幌という場所は、ある程度都会でもあり、30分ほど車で走ればたくさんの自然に繋がれる場所でもあるので、自分が住んでいてもとても気に入っている街です。

ro8.jpg

ro10.jpg

ro9.jpg

後半は天気に恵まれなかったけれど、大好きな映画を観たり、とってもうれしいお買い物ができたり、早い時間から楽しいお酒を飲んだり…晴れ間が出て森歩きやお花見ができた日もありました。
日々の小さなしあわせに感謝!!!



category: 森・北海道

tb: --   cm: --

追加2  

この記事はブロとものみ閲覧できます

category: memo

tb: --   cm: --

追加1  

この記事はブロとものみ閲覧できます

category: memo

tb: --   cm: --

やり直し  

zw6.jpg

こちらのかご、2016年の春に編みました。
前年に採取した樹皮の中で、販売用の作品には使えないような薄くし過ぎてしまった樹皮の寄せ集めで編んだ自分用のワンハンドル。
ハンドルは編んだその後にも1度編み直しているのですが、2回ともハンドルを編むのには向かない樹皮で編んだため、使い続けているうちにやはり向かない樹皮ならではの欠点がでてきてしまいました。
そして薄いペラペラの樹皮で編んだため、本体の強度にも不満が残る結果に。
使っていて使えないことはないのですが、やっぱり持って安心感のある丈夫なかごにしたい。
なんなら新しいかごを編んでしまいたい!
でも、良い樹皮はなるべく作品制作するために残しておきたいので、自分用には贅沢に使えません。
そこで、ハンドルの補強&編み直し、本体の補強のための樹皮の入れ替えを行いました。

どうなるかなーと思いつつ直したのですが、とっても満足のいく仕上がりになりました。
良い樹皮で最初から編めばもちろんもっともっといいかごになりますが、ペラペラ樹皮からよくぞここまで丈夫になった!と褒めてあげたいくらいの仕上がりに。
またたくさん使うことができそうでうれしいです。


category: 白樺かご

tb: --   cm: --

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ