真心のかご

白樺の心、わたしの心、真心籠めて白樺かごを。

check list  

この記事はブロとものみ閲覧できます

category: memo

tb: --   cm: --

山菜採り  

sansai.jpg

先月5月のある日、森からの帰りにフキ採りを。
虫除けスプレーやタオルなどを入れていた白樺かごに採ったフキを入れて。
柔らかい青フキを選んで採ります。
なかなか使えるかごなのです^^



category: 森・北海道

tb: --   cm: --

かぎっこたくさん  

kagi.jpg

先週までしばらく“かぎっこ”をつくり続けていました。
とっくに誕生日を過ぎてしまったお友達3人にはプレゼントとして。
6個は販売分、1個は途中で切ってしまってはいけない部分の樹皮を切ってしまい、修復はしたのですが販売にはどうかなと思ったので、自分用にしました。
10個も連続してつくったのは初めてです。

おもしろいのは、買ってくださった方が、自分が子供のときに鍵っ子だったときのエピソードなどいろいろメールで教えてくれることです。
寂しい思いをしていた人、鍵っ子じゃなかったから鍵を持つことに憧れていた人(わたしもそのタイプ)…
でもこのかぎっこがあるとうれしい気持ちになれると話してくださいます。
わたしもつくってよかったなと思えます。



category: 白樺の小物

tb: --   cm: --

葉っぱ染め  

hasome1.jpg

先日、白樺の葉っぱを採取して、やってみたかった草木染めをやりました。
若々しい濃い緑色をした葉っぱを煮出すと、それはそれはとてつもない悪臭が漂い、お鍋の中は茶色い液体になりました。
途中で断念しようかと思ったくらいひどい臭いでした。
換気扇を回し家じゅうの窓を開け放ち(笑)、なんとか乗り切りました。
媒染はミョウバンを使ったのですが、薄いきれいな黄色に染まりました。
これは繊細なフレンチリネンを使用しましたが、別のリネンやコットンも試したいのですが…またあの臭いのことを考えるとちょっと二の足を踏んでいるところです。

それと、実は樹皮染めも昨年からやってみたくて、染め用の編みには使えない樹皮を用意しているのですが、こちらも夏以降に試そうと思っています(ちょっとしばらく染めをやる時間がなさそうなので)。

hasome2.jpg

白樺の葉っぱを採っているときに、小さなセミがいました!
エゾハルゼミという、北海道では5月という早い時期から鳴くセミです。
最近、森に入ると白樺の幹にちょこちょここのセミと思われる抜け殻がくっついているのを見かけます。
抜け殻も一般的なセミと比べると一回り小さい感じです。
夏が近いのですね~。




category: 白樺の小物

tb: --   cm: --

森へ  

mori1.jpg

4月のある日、白樺に会いに森へ行きました。
今年も昨年同様に雪解けは早かったのですが、桜の開花時期を見ても、今年は4月に入ってから少し肌寒い日が続きました。
白樺の様子は本当に毎年違うのだなぁと実感しています。





category: 森・北海道

tb: --   cm: --

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ