真心のかご

白樺の心、わたしの心、真心籠めて白樺かごを。

春を告げる花と白樺かご  

yasou1.jpg

小さい頃から桜の開花で春を感じたことはありません。
いつも雪解けの時期と、写真の山野草が咲く時期の2度に渡って春を感じています。

雪がまだ残っていても根開きを始める木の根元を見つけたり、雪解け水が土やアスファルトに浸みて独特の匂いを風と一緒に運んでくるのが1度目。
それから厚手のコートを脱いで肌寒い日がしばらく続き、ふと山に行くと、斜面にこのきれいなエゾエンゴサクの青とカタクリの紫を見つけます。
それが2度目。
これがわたしにとっての春を伝える風景です。



スポンサーサイト

category: 白樺かご

tb: --   cm: --

映画64前編  

この記事はブロとものみ閲覧できます

category: その他

tb: --   cm: --

久しぶりの真樺かご  

makabakago.jpg

先日、樹皮をいろいろ整理していたときに真樺の樹皮の残りを見つけて、久々に編んでみました。
採取したのは2年前になります。
切り出しは済ませていたので、厚み調整をさらに行い、直径18センチほどの比較的大きめのかごに。
白樺に比べるとやはり硬くて、模様の部分から裂けやすく編みにくい樹皮でした。
でもできあがるととてもしっかりしたかごになりました。
2年も経つと、さすがに少しは編み方も上達したのかも。
残りの樹皮だったので、記念に手元に残して自分で使おうと思います。

またいつか真樺の樹皮を採取できる機会があるといいな。


category: 真樺かご・小物

tb: --   cm: --

熊本地震のための白樺コースター  

gien.jpg

4月の終わりに、白樺コースターSサイズの販売を行いました。
これは、先日起きた熊本地震を受けて、売上の75%を自治体と被災したお友達への義援金に使わせていただく内容でした。
使い道に賛同いただける方にお買い上げいただきました。
コースターやカトラリーレストとしてお使いいただくときに、少しでも被災地のことを思い出してもらえるといいなと思います。
売上としてお預りした分は、
熊本県10,000円
大分県10,000円
益城町10,000円の各自治体の被災者へ直接使われる義援金口座へ、
益城町のお友達へお見舞金15,000円として使わせていただきました。
ご協力いただきお買い上げくださった20名の方々、本当にありがとうございました。


category: 白樺の小物

tb: --   cm: --

春のかご  

yasou2.jpg

少し小ぶりなワンハンドルの白樺かごを編みました。
ハンドルを丈夫に、且つ美しくつくるのはやはり難しいです。

GWの1日、ドライブ先でおいしいお蕎麦やパンを食べ、かごを持って自然の中をたくさん歩き回りました。
夏のように暑い1日でした。



category: 白樺かご

tb: --   cm: --

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ