真心のかご

白樺の心、わたしの心、真心籠めて白樺かごを。

赤い模様のかご  



赤い模様の樹皮を使って、大ぶりなかごを。
なににも囚われずにシンプルに編む。



スポンサーサイト

category: 真樺かご・小物

tb: --   cm: --

木のスプーンをつくろうWS  

spoon.jpg

夏のひとときに、木のスプーンをつくってみませんか?
講師をしてくださるのは、cava craftの平子貴俊さん。
カトラリーからキッチン用品、家具までつくられている、とってもやさしい木工作家さんです。
2時間から2時間半ほどでスプーンをつくり終えたら、早速自分のつくったスプーンでデザートを食べてみよう!というワークショップです。
初めての方でも大丈夫、ワタシも刃物を扱うのは得意ではないのですが、以前スプーンづくりをさせていただいてきちんとつくることができました^^

‐追記‐
当日、平子さんの作品を何点かお持ちいただけることになりました。
お気に入りが見つかりましたら、購入も可能です。


日 時 7月6日(日) 13:00~16:30
参加費 おひとり¥3,000-
場 所 Galleria Kukka 札幌市北区北12条西1丁目2-25 花ビル2F
最寄駅 地下鉄南北線北12条駅より徒歩5分
    地下鉄東豊線北13条東駅より徒歩3分
*駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。

参加ご希望の方は、ご住所・お名前・電話番号・参加人数をお書きの上、真心のかご magokoronokago@outlook.jp までメールを送ってください。
折り返し、ご連絡させていただきます。



category: お知らせ

tb: --   cm: --

一区切り  



切り出し作業は、先週実質5日間を使って一区切り。
作品には使いにくい樹皮(写真には写っていません)と、赤い模様のあるものからカットしていきました。
手を付けていないシートがあと数枚かな~と思って昨日確認したら、思っていたよりも残っていました。
でも、残りはきれいなものが多いのでカットもスムーズかもしれません。
この量でもかなりずっしりとした重さになります。



category: かごを編むまで

tb: --   cm: --

編み編み  



真樺の切り出しの気分転換に、残っていた白樺樹皮で編み方研究。
お、できた!
これを長~く編めばトレイハンガーがつくれますね。



category: 白樺の小物

tb: --   cm: --

赤い模様  



この赤茶色いまだら模様。
以前、スウェーデンから取り寄せた樹皮にもあったし、売られている白樺かごにもときどき見かける模様でした。
昨年採取した樹皮(と言っても自分だけで採取したものではなかった)の中にもありました。
単純に、白樺にはときどきこういう模様の樹皮があるんだな、と思っていたのですが、今年自分で採取してみてこれが何か判明しました。

白樺かごに使う樹皮は、外樹皮の内側部分。
採取するときにナイフを入れる深さは、外樹皮と内樹皮の接する部分まで。
内樹皮に傷を入れないことで、外樹皮を剥いでも木が生きていくうえでのダメージは与えません。
今回のマカバは伐採するものだったので、時期が少し早くてもすべて剥いだのですが、部分的に剥きにくい樹皮もありました。
そのような剥きにくい樹皮は、剥がすときに内樹皮の外側の組織がところどころくっついてきてしまうのです。
少しべたっとしていて(強力なシールを剥がしたあとのような)白くて、その後乾燥し、油なめしをするときにオイル分を含ませると写真のように赤茶色に変わります。
なるほど、このようにしてあの赤い模様はできあがるのですね。

昨日から切り出しを行っていますが、この模様が入っている樹皮だけで編むかごというのも、個性的でおもしろいかもしれないと思っています。



category: かごを編むまで

tb: --   cm: --

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ