真心のかご

白樺の心、わたしの心、真心籠めて白樺かごを。

今週の目標  

fc2blog_2014060512481081e.jpg

いよいよ切り出し作業に入っていきます。
どうせ平日は少ししか進まないので週末が勝負(とはいえ週末も予定があり…)。

編むまでの処理をしていく中で、やっぱり大事なのはテープに切り出していく作業。
幅を揃えてまっすぐにカットしていくのは、自然素材である樹皮を相手にするとこれがなかなか難しいのです。
無理に急がずに丁寧に進めていきたいと思います。



category: かごを編むまで

tb: --   cm: --

ひたすら剥く  



シラカバとマカバでも基本的にはやることは同じ。
1本1本の木が違うように、その樹皮もまた1枚1枚表情や個性が違っていて、いいところも悪いところもあるように思います。
いいところをどんな風に活かしてかごにすることができるのか、どんなかごがこの樹皮には適しているのか、考えることも楽しんでいます。

さて。
平日の遅れを取り戻すべく、今日ですべて厚み調整は完了です!
今回、採取には時期が少し早く、きれいに取れたものと少し無理に取ったものがありました(伐採する木だったので)。
樹皮によってはかごに向かないものもありました、当初の予定よりテープにできる本数は少なくなりそうです。
とはいえ、明日からまたのんびりペースですがカットに入っていきたいと思います。



category: かごを編むまで

tb: --   cm: --

地道に  



処理していくことを考えるとちょっと憂鬱になりそうな量とサイズなんです、写真はその一部。
でもしあわせな憂鬱です^^

白樺特有の黒い節が少なく(白樺じゃないから当然かな)、表皮は案外簡単にきれいに剥けてくれました。
大量でしたが初日にすべて剝き終わりました。
ですが、木の径がとにかく大きかったので採れたシートもびっくりするくらいの大きさと厚み。
もう樹皮というよりベニヤ板のような感覚で、これには驚きました。
これをかご編みするために薄くしていくには、ひたすら手で剥いていくしかないのですが、2番皮3番皮4番皮と呼ばれるような部分が、シラカバに比べて粘りがあってしっかりくっついていて剥きにくいです。
だから剥いているときは本当に力作業、利き手の親指が毎日痛いです。
それにカット用に使っている長い定規を余裕でオーバーする長さ…これからの切り出しも苦労しそうです。
平日はほんの少ししか進まず…本格的に編めるのはいつになるやら。
でも、どんなかごにしようかと考えながら処理する時間は、とてもうれしいです。



category: かごを編むまで

tb: --   cm: --

真樺かごのカトラリー立て  



今回の樹皮がどんな感じで編めるのか、気になって気になってとりあえずお試しで編んでみました。
2.5cm幅のテープにカットし、できあがりのサイズは11×11×13cm(めがねマグはサイズ比較に)。
小さな鉢植えを入れてポットカバーにしてもよさそう。
うちではカトラリー立てとして使うことにします。
カトラリー立てやペン立てとして見かけるのは、もっとほっそりしたデザインのかごが多いですが、家ではしゃもじなんかも入れているので、どっしりしている方が安定していていいのです。

さて、この樹皮の感じは純粋なシラカバではありません。
北海道では白樺と言っても、シラカバの仲間がたくさんいて、これはマカバ(ウダイカンバ)の部類に入ります。
樹皮の見た目だけではわからないことも多く、切った木口を見て中の心材・辺材の様子からさらにメジロカバとマカバに分類します。
今回の木はメジロカバ。
ブログでは便宜的に真樺かごとします。
この樹皮の横目に沿って入っている模様、白樺のそれと比べると非常に太く長くたくさん入っています。
かごの縁を革紐(あれば白樺の根っこ)でかがったりしようかとも思っていましたが、この模様があるとシンプルに樹皮だけで編むかごの方がよさそう。
それにテープ幅も広めにして、主に大きなサイズのかごに仕上げた方が樹皮の良さを活かせそうです。
今回の採取だけでも、いろいろなことがわかってとても勉強になりました。



category: 真樺かご・小物

tb: --   cm: --

切り出し  



昨日は少しだけ切り出しを行いました。
採取した樹皮をすべてある程度の厚み調整を終えてカットしやすくしてから、テープに切り出していくのですが、今回は量が量なので一気に処理していくのはかなり時間がかかりそう。
とりあえず、今回の樹皮でどんな風に編めるのか(感覚や丈夫さ、かごにしてからの耐久性)がとても気になるので、1つだけ試しにつくってみようと思っています。
この感覚がいいなと感じられれば、残りの樹皮も量にめげずに(笑)処理に打ち込めそうです。



category: かごを編むまで

tb: --   cm: --

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ