真心のかご

白樺の心、わたしの心、真心籠めて白樺かごを。

モッタイナイ  

真心のかご3

新聞掲載時とは別カットの写真、こちらも雰囲気があってとても気に入っています。
素敵に撮っていただいて感謝です。


モッタイナイ精神。
日本人でよかったと思うこと、大人になって多々あります。
一昨日の夜から、そのモッタイナイを形にすることやってます。
そのうち写真撮ろうと思います。



スポンサーサイト

category: 白樺かご

tb: --   cm: --

きっかけのかごの使い道  

真心のかご2

真心のかご、実は小さくですが新聞に掲載されました。
(写真はそのときのもの、トイロさんに撮っていただきました!)

写真の中の、きっかけのかご。
うちでは玄関に置いてあります。
荷物の受取用のはんこを入れておいたり、鍵の一時置き場に。
小さいから入れるものは限られるのだけれど、手にした人それぞれにいろんな使い方で傍に置いていただけたらと思います。
普段使いのアクセサリー入れにしてベッドサイドやドレッサーに。
飴やチョコを入れてテーブルに。
名刺やカードを入れて電話の横や職場のデスクに。
自分なりの使い方で、毎日かごに触って欲しいと思います。

樹皮が乾燥してきたと感じたら、オイルを含ませた布で拭いてあげてください。
でも普段よくかごに触れていたら、あまりその必要は感じません(冬の北海道の室内は暖房で乾燥しちゃいますが)。
モノは使うことが大事。
たくさん触っていたり、陽やライトに当たっていると、どんどん色が茶色く変化していきます。
その変化も樹皮1枚1枚と違っていて、年月を経て使っている人に似合ったものになっていくと思います。
しっとりとした樹皮のぬくもりを感じて、かごの色を育てるように使っていただけるとうれしいです。



category: 白樺かご

tb: --   cm: --

発見!  



この作家さん、ロシアの方だったんだ!
Facebookがありました。
よくよく見たら前に見てたお顔でしたが、頭の中で作品と一致してなかったみたい。

ソチオリンピックでも選手やコースの後ろに見える白樺に目がいってしまったり…
オリンピックが終わって気が抜けましたが、その代わりに仕事に忙殺されています。



category: その他

tb: --   cm: --

小さなアソート  



きっかけのかごに小さなかわいいもの2つ、アソートにしています。
こちらはただいまトイロさんでご覧いただけます。



category: 白樺かご

tb: --   cm: --

現実  



自然が多く美しいと言われる地域に住んでいると、傍から見ての美しく壮大な景色と褒め称える声は、ときどきとても滑稽に思えるときがあります。
それは、外側から見ているから出る言葉なのだと、実はワタシなんかは思っていて。
山や海、森や川、本当に雄大で美しいものです。
だけど、憧れや理想として発される言葉にときたま違和感を感じることも。
そこに生まれてそこに暮らす私たちからすると、自然もすべて現実でしかないから。
前に、自然の美しさと狂気は背中合わせなのだと書きました。
人間がまったく手を出すことのできない状況というのは、実は常にあって。
ただただ、大きな自然の前に立ち尽くすのみです。
それでもそこで向き合っていくしかない、自然の中で人は生かされているから。


山梨の豪雪ぶりに、ニュースで驚かされています。
孤立した地域が早く繋がるといいのだけれど。。



category: その他

tb: --   cm: --

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ