真心のかご

白樺の心、わたしの心、真心籠めて白樺かごを。

右手の指の力が入らない(16)  

29/2/20
だるさあり。
前日の樹皮の切り出しと、この度の指の力がなくなった原因である厚み調整でやはりだるさ復活。
しかしこの作業がないと編みはできない。
悩ましいところです…
事務所に着いてしばらくするとだるさが軽減するのは、血の巡りが良くなるせいか?
夜、だるさがなくなっている感じなので、キーケースを編む。
よせばいいのに仕上がりが楽しくなってしまって4つ、夜だけで4つはちょっとハイペース。
29/2/21
起床時から指先がじんじん。
キーケースの編みのせい。
前腕のだるさも少々。
夜はキーケース途中までの作業3つ分。
29/2/22
起床時だるさなし。
数日振りスッキリ。
だる重くなるのは必ずしも白樺作業をハードにした後とも限らず、よくわからない。
夜はキーケース4つ追加、今日明日でのんびり仕上げ。
29/2/23
起床時ほぼだるさなし。
が、文庫本を持ったりスマホを持っていると、少し違和感あり。
気にするほどではないけれど、腕を上にあげるような動作は疲れやすい。
29/2/24
起床時だるさなし。
かご編みはせずにキーケースの発送準備。
29/2/25
起床時だるさなし。
夜中にかご編み準備のみ。
29/2/26
起床時だるさちょっとだけ、樹皮を組むところに時間をかけたせいかな?
午後から樹皮の切り出し、厚み調整が続くと指に違和感少し。
やっぱり原因は同じ動作の繰り返し・同じ指の酷使。
気を付けながらやる。


指先の力の回復は6割ほど、左手に比べるとまだ弱いです。
今のところ、波はあるものの、前腕のひどいだるさもなくなりました。
まだほんの少しだるさを感じることもありますが、ここに書いてアップするほどではないので、自分の中の記録は続けますが、こちらでのアップは一応終了とします。
かご編みをしていくとまたぶり返す可能性が大なので無理せずにやっていこうと思います。







スポンサーサイト

category: 手根管症候群

tb: --   cm: --

右手の指の力が入らない(15)  

29/2/13
起床時のだるさはほぼなし。
先週中頃から、あまりの重だるさはないけれど、ぼんやりとだるい感じは残っている。
我慢できる程度。
かご編み中の引っ張る力はまだ弱い。
29/2/14
ぼんやり1割ほど違和感は残るものの、ほぼ気にならない感じ。
これはいよいよ本気の復活の兆し…!
夜は樹皮で染めの試作。
29/2/15
だるさや痛みはなし。
夕方、腕を曲げるとなんとなく肘のあたりがつるような感覚。
数分だけれど、なにもないことを祈る。
夜は染めの準備少しと、かご編み準備少し。
29/2/16
だるさ・痛みなし。
夜のかご編み、樹皮が厚くなり途端に力がたくさん必要に。
薬指・中指の引っ張る力、かなり必要。
前腕が疲れるのが明らか、消炎鎮痛剤を塗る。
29/2/17
寝起き、前腕のだるさ、薬指の違和感あり。
かご編みは今日はお休みだな。
と、編む手前の組むところまで。
29/2/18
だるさが復活。
ランチのサラダにする野菜を調味料と合わせて混ぜるという行為が意外と苦痛。
野菜なんて軽いのに菜箸やトングでうまく混ぜるというのがなかなか手首に負担がかかる。
夜は外呑み、イタリアン→焼き鳥やさん。
酔いのせいか、お風呂でのあたためがよかったのか、だるさが取れた気がして真夜中から朝方にかけてかご編み。
29/2/19
かご編みが祟ったのか、やはりちょいだるの前腕。
午後はひたすら樹皮の切り出しと厚み調整。
やはりだるい。
作業できるのがうれしくてついついやってしまう。



category: 手根管症候群

tb: --   cm: --

右手の指の力が入らない(14)  

ちょうど1ヶ月前に神経内科を受診しました。
先生には2週間メチコバールを飲みながら様子を見て、まったく変わらなければもう一度おいでと言われました。
受診後、(かなりゆっくりですが)徐々にいい方向に変化が出てきたこともあり、病院には行っていません。
わたしが行った病院はなかなか大きなところなので、神経内科の先生だけで4~5人いらっしゃって、最初に診ていただいたM先生は平日は仕事をしているとなかなか行きにくい時間帯の外来担当です。
気兼ねなく行ける土曜日は、先生たちが交代でいつM先生なのか電話で確認しないとわからないという状況で。
先週、前腕の重だるさがあまりに酷かったときに、M先生じゃなくても診察してもらおうと思っていたのですが、土曜日は祝日だと病院もお休みなんですねー。
まったく!土曜日の祝日はいいことないですw

結局その重だるい前腕は、波があるもののだるさが薄れてきたため、結局受診はしていません。
最初に診ていただいたときはメンタルが相当落ち込んでいたときだったので、「先生…これは治りますか?」と死にそうな顔をして聞いていたと思います。
先生は笑顔で、「治ると思いますよ^^」と言ってくださったのですが、患者を安心させるためにとりあえず言っているんだろう、などと、なかなかに疑い深いわたしは信用しきれずに検査を受けていました。
その後、MRIと神経伝導速度検査を終え、再度の問診でも、「先生…これは治りますか?」(同じこと2回言ったw)と聞いてみました。
先生は笑顔で、「たぶん治るでしょう^^」(そりゃ100%確実に治ります!とは言えないよね)と言ってくださり、そのときは安心して病院をあとにしました。
が、やはり神経の回復というのはそんな1日2日で治るものではなく、今日ですでに1ヶ月。
おかしくなってからは1ヶ月と2週間。
これだけの時間がかかりました。
もっと大変な神経の麻痺を起している方でも2、3ヶ月かかるのが常だそう。
かかる人は半年、1年、それ以上…と気の遠くなるような時間、症状と付き合っていかなければなりません。
(神経に関しては、手術しても治らない人も数割程度いるのだそうです)
わたしは、白樺をやっていなければここまで落ち込むことはなかったと思います。
M先生のことを途中疑ったりもしたけれど(笑)、治ってきて本当によかった。
M先生はとてもやさしくて穏やかで、わたしはあの初診のときに不安をだいぶ取り除いてもらえました。
途中疑ったりしてごめんなさい。
どうかこのまま完治に向かいますように。


category: 手根管症候群

tb: --   cm: --

右手の指の力が入らない(13)  

29/2/6
前腕のだるさが相変わらず。
指先の力の回復は40%くらいかな?
夜お風呂で温めてから肘のストレッチ、橈骨と尺骨を伸ばす感覚で。
夜かごを2つ続けて編む。
入浴後から腕のだるさが和らぐ。
29/2/7
かご編みが影響するかと思ったけれど、寝起きは前腕のだるさが8割くらいなかった。
今年一番すっきりしているかも!と喜んでいたものの、夕方からなんとなく違和感…
帰り道寒さに晒されたせいか違和感がはっきりとだるい感じに。
夜は樹皮の厚み調整とカットだけ。
温めて寝るも、だるさ変わらず。
29/2/8
起床してもだるさ変わらず。
仕事に来るとなぜかだるさが軽減した。
夜いろいろと温めたが特別すっきり感もなく終わる。
29/2/9
変わらず重だるさがあり。
日中少し軽くなっている感じ。
夕食中はまただるかったけれど、夜中はだるさがなくなっていてかご編みもしたくらい。
とりあえず温める。
29/2/10
起床時からほぼだるさなし。
今週の好不調の波が激しさはなんなのだろう?
29/2/11
だるさ1、2割ほど。
右腕を温めながら寝ているけれど、特別すごく良くなる感じでもないかも?
ただし、冷えるとてき面に指の動きは鈍くなる。
かご編み小さいのを3個。
29/2/12
だるさ1割ほど。
100%スッキリではないけれど、1日中重くてだるい、つらい、という症状から脱出できている気がする。


category: 手根管症候群

tb: --   cm: --

右手の指の力が入らない(12)  

29/1/30
前日までの薬指と小指の重だるさはとれました。
カッターの刃の出し入れは完璧に!
ガチャックもOK、小さいWクリップとウッドクリップもOK、大きなWクリップやきついものはまだNG。
中指の違和感がまだ若干あるものの、いよいよ戻ってきているような感覚あり。
ただ力の入り具合はまだまだ利き手ではない左手にすら及ばない。
夜、樹皮の切り出しをしてみたら、続けると手の平真ん中少し左上(薬指・小指の下あたり)が痛む。
カッターを握り続けて当たるからそれが刺激になるよう。
これも神経を圧迫する原因かもしれない。
29/1/31
大きいWクリップはまだまだ、ものすごい力を必要とするのだな、Wクリップって。
夜、ナイフで枝を削る作業。
右手はナイフに添えるだけなので力は要らないが、小指を握りしめるときに力がかなり入るのか、小指のみ軽く痺れるような違和感。
左手を動かすのでだるくなる、無理は禁物。
29/2/1
朝、左手のだるさは取れる。
右小指が若干だるいような。
手根管症候群だと正中神経なので小指は関係ないのだけど、神経伝導速度検査でも小指だけ若干スピードが遅かったのもあり気になる。
日中、仕事繁忙期でものすごいスピード(暇なときの30倍くらい)でキーボード・マウス使いまくり。
夜に試しに小さいかごを編んでみる。
29/2/2
右手首から指にかけてだるい、鈍く痛む。
かご編みのせいなのか、日中のキーボードのせいかがわからない。
昨日の午後から微妙だったから、メインはキーボードのせいで、そこにかご編みをしたせい、か。
中指がやはり調子悪いかも。
お風呂でじっくり温めると痛みが和らぐ。
で、どうしてもやりたくて2個目のかごを編んでみる。
29/2/3
寝起き、右前腕がやはり重だるい。
指は見た目にはわからないけれど、むくんでいるような感覚が今週はある。
事務所に着くと、昨日のようなだるさがなくなった、なぜ?
やはり仕事でのキーボード・マウス操作が原因?
29/2/4
金曜日はかごは編まずに腕を休ませる。
午前中からウォールハンギングのWSへ。
指先の力がまったく戻っていなかったらキャンセルも考えていたから行けてよかった。
前腕の重だるさはあるものの、夜にまたかごを編んでみる。
指自体の痛みはないものの、この週は程度の差はあるものの、前腕の疼痛やだるさが常にあり不快。
29/2/5
お昼に1つ、夜に1つかごを編む。
料理も含めて腕を使うとやはりすぐだるくなる。
このだるさはなくなるのだろうか?


category: 手根管症候群

tb: --   cm: --

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ