真心のかご

白樺の心、わたしの心、真心籠めて白樺かごを。

ショルダーかご  

tto1.jpg

マチの薄いかごを編み、ショルダーに仕上げました。
使っているうちにアタリが出てくるかごの上部は補強を兼ねて革紐でかがっています。



スポンサーサイト

category: 白樺かご

tb: --   cm: --

オーバルの入れ子かご  

ro11.jpg

ro12.jpg

切り出してあった2年前の樹皮で、小さなオーバルかごの入れ子かごを編みました。
樹皮の色がこっくりと深くなっていて、これもまた趣のあるかごに…



category: 白樺かご

tb: --   cm: --

やり直し  

zw6.jpg

こちらのかご、2016年の春に編みました。
前年に採取した樹皮の中で、販売用の作品には使えないような薄くし過ぎてしまった樹皮の寄せ集めで編んだ自分用のワンハンドル。
ハンドルは編んだその後にも1度編み直しているのですが、2回ともハンドルを編むのには向かない樹皮で編んだため、使い続けているうちにやはり向かない樹皮ならではの欠点がでてきてしまいました。
そして薄いペラペラの樹皮で編んだため、本体の強度にも不満が残る結果に。
使っていて使えないことはないのですが、やっぱり持って安心感のある丈夫なかごにしたい。
なんなら新しいかごを編んでしまいたい!
でも、良い樹皮はなるべく作品制作するために残しておきたいので、自分用には贅沢に使えません。
そこで、ハンドルの補強&編み直し、本体の補強のための樹皮の入れ替えを行いました。

どうなるかなーと思いつつ直したのですが、とっても満足のいく仕上がりになりました。
良い樹皮で最初から編めばもちろんもっともっといいかごになりますが、ペラペラ樹皮からよくぞここまで丈夫になった!と褒めてあげたいくらいの仕上がりに。
またたくさん使うことができそうでうれしいです。


category: 白樺かご

tb: --   cm: --

ワンハンドルかご  

wwn1.jpg

wwn2.jpg

このサイズのワンハンドルを編んだのは、実は5年振り。
もっと大きいか、もっと小さいか、いくつか編んできたけれど…自分の中に秘めた気持ちが実はたくさん詰まっているかご。
成長できたかな、とやっと思えたかご。
ここに至るまでいろんなことがあったけれど、自分の中でブレずに嘘をつかずにやってきた芯のようなものが詰まっているのです。



category: 白樺かご

tb: --   cm: --

流木の食卓かご  

oor3.jpg

食卓に白樺かごを。
カトラリーを入れるのにちょうどいいサイズのかごに流木の持ち手を付けて。
洋食屋さんのテーブルのうえ、をイメージして編みました。

oor4.jpg

カトラリー入れとしてはもちろん、スパイスや調味料入れなどにも。
おつまみのチーズやスライスしたバゲットを入れてお皿代わりのかごにもどうぞ。
ミニお裁縫箱としてリビングに置いてもかわいいです。





category: 白樺かご

tb: --   cm: --

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ