真心のかご

白樺の心、わたしの心、真心籠めて白樺かごを。

オーダー受付  

久しぶりのオーダー受付です。

おひとり様1本でお願いいたします。
(今回の制作後に2本目がお受けできそうであれば、また後日オーダーをお受けします)
受付締切6/30(金)AM9時まで。
※予定数よりも大幅に超えてオーダーが来た場合には、早めに締め切ることがございます。
ご了承くださいませ。

森の光シングル \3,800-
森の光ダブル \4,200-
サイズは光のモチーフ部分を含めて、長さ62センチ〜65センチ
光のモチーフはどちらも12センチほどです。
ウッドビーズのお色を、森(緑)と雪(白)からお選びいただけます。
(サンプルにありませんが、シングルのビーズ森もできます)
普通郵便送料無料(ゆうパックご希望の方別途送料)、小さなダンボールに入れてのお届けになります。

オーダーご希望の方・質問のある方は、こちらのブログ内メールフォームからご連絡をお願いいたします。
メールフォームは画面右上にございます。

お名前はフルネーム
メールは、 magokoronokago@outlook.jp からの受信設定可能なアドレス
件名に、ご希望の作品名
本文には、ご希望のビーズの色(緑か白)とインスタグラムアカウント(最悪メールで連絡がつかない場合のため)をご記入ください。
この時点で、送付先の住所等は必要ありません。
折り返しこちらからメールを差し上げますので、正式受注の場合に、そのメールにて送付先をお知らせいただきます。
よろしくお願いいたします。

morihikari1.jpg

morihikari2.jpg

morihikari3.jpg

morihikari4.jpg

morihikari5.jpg




スポンサーサイト

category: お知らせ

tb: --   cm: --

森の光  

sin1.jpg

“森の光”、まだ完成形ではないですが、オーナメントをつくっています。
本当は冬のあいだにオーダーを受けようかと思っていたのですが、右手指の手根管症候群によるドクターストップがありまして…
つくりたいけれど、つくれないものの1つでした。
かご編みと違い、小物類、特にこのようなオーナメントは接着剤を使うため、指先の細やかな作業が出てきます。
一番NGな作業だったんですねー。
なので、ようやくできた!という感じ。

sin2.jpg

今年採取できた樹皮の保管作業をしながら、この新鮮な樹皮でつくりたい!と気持ちがむくむく。
今準備をしているところです。



category: 白樺の小物

tb: --   cm: --

双子の大地のかご  

ddd.jpg

1つめはただただ形にしたい気持ちで編みました。
なので、見た目にはわからないけれど、自分的にNGにしている部分があります(使用に問題はありませんが)。
だからこちらは自家用かごに。

新しく編んだ2つめは、NG箇所に気をつけて編みました。
いつか誰かのおうちで活躍してくれるといいなと思っています。

dddd_2017061513235132f.jpg

こんな風にお野菜たくさん入れても大丈夫です^^



category: 白樺かご

tb: --   cm: --

cafeマメムギさんへ納品しました  

mame3.jpg

大阪安立町のcafeマメムギさんに白樺小物を納品いたしました。
販売は本日6/15からになります。
森の宝物、小さな星のブローチの追加の他、白樺コースターと白樺バングルになります。
バングルは3サイズありますので、どうぞ実際にお試しください。
マメムギさんでの作品販売は、どの作品でも1点につき500円を、売上から熊本地震の義援金に充てさせていただきます。
おいしいランチやコーヒーのついでに、北海道の白樺もご覧いただけるとうれしいです。

mame2.jpg

mame1.jpg

cafeマメムギ
大阪市住之江区安立2-1-22
TEL:06-6678-1680
営業時間:11時~18時
定休日:月・火


category: お知らせ

tb: --   cm: --

大地のかご  

sj2.jpg

大地のかご、できました。
上部直径(内径で)31センチあります。
深さもそこそこあるので、ボリュームのあるかごになりました。
ハンドルなしのかごでは、過去の失敗作を除いて1番大きいです。
すごくいいです、気に入りました。
野菜がすごく似合っています。
土付きのじゃがいもなんかをごろごろと入れておきたいです。

aj1.jpg

使用した樹皮は、昨年剥がすのにとても苦労した樹皮たち。
タイミングが合わなくて、きれいに剥がれずダメになった樹皮もありましたが(ダメになったものは山主さんのところで仕事に使われます)、きれいとは言い難いけれど使えそうなものは持ってきました。
これはいよいよ形にしないと、とずっと思っていたので、なんとか仕上がってスッキリした気分です。
でも、樹皮の処理が本当にしにくく、手を酷使しました。
きれいに剥がれた樹皮でも、量をこなすと指先が痛くなりますが、こちらは少しの量でも指が死にます笑
そして編むのにも一苦労。
けれどだからこそこんなに愛しいかごになるのかもしれません。




category: 白樺かご

tb: --   cm: --

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ